えいがきのえいが【90年代生まれ視点の映画レビュー】

90年代生まれ視点の映画レビュー 当ブログは個人的な意見をバカ正直に綴ったもので、映画の品質を保証するものでもありません。映画を否定しても、その映画に関わった人物を否定しているのではありません。例え人をバカにしても、それはその人を尊重した上での行為です。

映画レビュー

パイレーツオブカリビアン/最後の海賊【旧三部作の意志を受け継いだ壮大なアクションアドベンチャー】

大人気シリーズ第5作目。 4作目で大胆な路線変更が大失敗をしたパイレーツ・オブ・カリビアンが帰ってきた!! その名も パイレーツ・オブ・ザ・カリビアン 死人に口無し そう、そういうタイトルです!!!最後の海賊とかそんなサブタイ存在しません!!!!そういう…

メアリと魔女の花

『借りぐらしのアリエッティ』 『思い出のマーニー』 米林宏昌監督長編アニメーション作品第三作目、及びスタジオポノック製作長編アニメーション作品第1作目。 メアリと魔女の花 スタジオジブリの長編アニメーション制作部門の解散を期に立ち上げられた、ス…

ローガン【最後のウルヴァリン、最後の戦い、新たなる希望】

ミュータントが絶滅の危機に瀕し、X-MENも過去の存在となった時代。 これまで200年以上生きている、ウルヴァリンことローガンは、徐々にヒーリングファクター能力を失っている状態にあり、アダマンチウム製の骨格に身体を蝕まれていた。 彼は、残り少ない(で…

【愉快・痛快・爽快】ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス

ディズニーがビッグ・ヒーロー・シックス(ベイマックス)のついでに、現地のアメコミオタクですら存在を忘れていた超マイナーヒーロー達を引っ張り出してきたぞ!!! マイナーヒーローしか出てこない映画なんて売れないなんて言われておきながら、蓋を開けてみ…

帝一の國【夢を追い、夢を追う者に縋り、夢を追う"物"を陥れる】

東映ヒーロー大集合!!仮面ライダーダブル(フィリップ)!!仮面ライダードライブ!!仮面ライダーマッハ!!トッキュウ一号!! 3月に続き、早くもスーパーヒーロー対戦の最新作が登場!!! その名も、 超スーパーヒーロー対戦2 フィリップの國!!! ※画…

美女と野獣(2017)【新解釈を加え、新たなる美女と野獣が生まれる】

当人はディズニーアニメーション版はほとんど観たことがありません。また、原作も未読です。" title="美女と野獣 オリジナル・サウンドトラック - デラックス・エディション-" class="asin"> ラ・ラ・ランドに次ぐ今年のミュージカル映画。またエマかよ。 デ…

レゴバットマン ザ・ムービー【家族を描く、心温まるストーリー】

バットマンvスーパーマンやスースクの、盛り上がりからのズッコケのせいか、わりと静かに公開された今作。 ティム・バートンのせいでダークヒーローというレッテルを貼られている彼(実際そうですが)。 しかし、レゴの世界のバットマンはお調子者でおバカさん…

【爽快ゴリラアクション!キンゴジリブート‼】キングコング 髑髏島の巨神

私はキングコングを2005年版しか見ていません。 その上でのレビューです。 これまで二度に渡りリメイクされ、近代版美女と野獣として有名な『キングコング』。 そして2017年、新たなキングコングのサーガが誕生。そして2014のゴジラから始まる『モンスター・…

【ストーリーにこだわりすぎたか…?】仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦

久しぶりに制作されたスーパーヒーロー大戦シリーズ最新作。 仮面ライダーエグゼイドと宇宙戦隊キュウレンジャーを中心に、2つのヒーロー達がタッグを組むお祭り映画である今作。 また、スーパーヒーロー大戦というわけで、ヒーローが多数参戦+オリジナルキ…

ラ・ラ・ランド【豊かな音の表現と、豊かな感情表現】

ゴールデングローブ賞で作品賞やらなんやら受賞、アカデミー賞も十何個かロミネートされている注目作。 ここら辺あんまり興味ないので・・・・・・。 とにかく、今回は『ラ・ラ・ランド』について書いていきます なお、今回はケチってIMAXではなく普通の上映…

【希望のために戦う者達】ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー

EP.4の「惑星をも破壊する威力を持つ、デススターの設計図を手に入れた」というあらすじを基に、寄せ集めの部隊、ローグ・ワンの戦いを描いた今作。 監督はGODZILLA(2014)のギャレス・エドワーズ。オタクが作ったオタクのためのスター・ウォーズ、それこそが…

【感想】仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー

衝撃的なデザインで良くも悪くもとてつもないインパクトを放ち、現在なかなかのおもしろさを持つ仮面ライダーエグゼイドが、始めて主人公として映画に登場! そんな今作、『仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジ…

ted【R-15だって?】

見た目はかわいいテディベア。しかしその正体は、前科持ちで大麻とアルコールが大好きでドスケベなどうしようもないおっさんである。 今回は、そんな魂が宿ったテディベアが主人公(ポジションに一応立つ)の今作について書いていきます。 ちなみに吹き替え…

後妻業の女【クズを見事に描いた作品】

大竹しのぶ、豊川悦司etc... 主要キャラクターはほぼ悪人。大竹しのぶ演じるザヨ゙ゴ小夜子は、『後妻業』と呼ばれる詐欺のプロ。 今作は、そんな小夜子を軸として起こる出来事を描いたものです。 今作、なかなか難しそうな雰囲気を出していますが、実際はもの…

映画レビュー:劇場版 動物戦隊ジュウオウジャー ドキドキサーカスパニック!

今作は、スーパー戦隊シリーズ40周年記念作品、動物戦隊ジュウオウジャーの劇場版です。 40周年だけどもやっぱり枠は30分!! 今作のテーマはサーカス。 ケモナー大喜びのジューマンが主催のサーカスに見に来た5人(ザワールドはハブ)。しかし、突如彼らの目の…

シン・ゴジラ【異色、そして最強】

ゴジラ ファイナルウォーズより12年、2014年のGODZILLAの大ヒットにより制作された、 『シン・ゴジラ』 を紹介していきます。 今作はエヴァンゲリオンでおなじみな2人、庵野秀明は総監督・脚本を、樋口真嗣が監督・特技監督を務めました。 補足として、庵野…

トランスモーファー-人類最終戦争-【ぐっ・・・・・これは・・・・・・】

レンタルコーナーに行くとだいたいある、オリジナルに紛れしれっと陳列している、いわゆるパチモノ映画。 「パチモノ映画といえば?」と訊かれて、第一にコレが出てくる人は結構いると思います。 というわけで、今回は 『トランスモーファー-人類最終戦争-』…

トランスフォーマー【ガシャガシャ動く何かしら】

ノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノ…

私が今まで観てきた、おもしろかった映画、つまらなかった映画

よくよく考えたら、ブログ内で私の好きな映画の種類がぼやけて不透明だったので、今回はおもしろかった映画、つまらなかった映画の、それぞれの一部を軽くまとめてみます。理由も挙げていきましょう。 なお、微妙だった映画は余計にややこしくなる気がするの…

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ【サスペンス仕立ての、スーパーヒーロー達による私と・・・死闘】

もしかして、いや、もしかしなくてもアベンジャーズよりおもしろかった『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』の続編、 『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(Captain Amerikca: Civil War)』 について、今回は話していきましょう。 今作は、…

【ド迫力の・・・・ワンダーウーマン・・・・・】バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生

↑目が大きめですよね、このシリーズのキャスティング。いい意味で。 今回は、バットマンとスーパーマンの対決を描き、実写版ジャスティス・リーグの展開を目的とした、現在公開中の 『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(Batman v Superman: Da…

NY心霊捜査官【ズコーッ!!】

今回はいかにもホラー映画ですよ感を出している、 『NY心霊捜査官(Deliver Us from Evil)』 について話していきます。 突如のDVや我が子をライオンの折へと投げ入れる女、そして奇妙な現象が起きる地下室。次々に起きる怪奇な事件には、ある関係性があった。…

【一瞬回っておもしろい!】平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊

毎年やってる東映ヒーロー大集合シリーズ。その中でも、昭和ライダー(ライダーマン含む)と主役平成ライダーの数が揃ったということで制作された今作。その名も「平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊」です。あぁ~、長い!今回は…

劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

今回は『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(以下、劇場版あの花、テレビ放送版はあの花)』について話していきます。 今作は、2011年にフジテレビの『ノイタミナ』にて放送され、大反響を起こしたアニメ作品の劇場版です。 去年公開された『心…

ゼロ・グラビティ【驚きの特撮技術、驚きの退屈さ】

タイトルを変更し忘れていました。申し訳ありません(現在は変更済)。 アカデミー賞も受賞し、驚きの特撮技術と、近年では珍しい『静寂な恐怖』を描いた作品。それが「ゼロ・グラビティ(原題:Gravity)」です。 今回はこいつの話をしていきましょう。 得点 ・…

パラノーマル・アクティビティ【誰もが恐怖する。何も、起きないことに。】

今やシリーズ化し、日本がパチモノ…と見せかけての続編を作った大ヒット作。かのスティーブン・スピルバーグがリメイクを作りたがったと言えばコレ、「パラノーマル・アクティビティ」です。 今回はコレについて軽く話したい………の…………ですが…………………。残念な…

バック・トゥ・ザ・フューチャー【それは勘違いだ!つべこべ言わず観ろ!】

USJのアトラクション乗ったことあるって?じゃあ映画は?…………………ふむふむ…………観たことないかぁ(´・ω・`) …と言えばコレ!バック・トゥ・ザ・フューチャー(以下、BTTF)!! みんながみんな空飛ぶ車でタイムスリップして、いろんな年代を大冒険する映画だっ…

【なんだろうこの複雑なキモチ】マーベル・シネマティック・ユニバース

アース19999、マーベル・シネマティック・ユニバース、MCU、アベンジャーズ計画、アベンジャーズシリーズ、etc… 色々な呼び方がありますよね。めんどくさい。 ではでは、今回はそんなマーベル・シネマティック・ユニバース(以下MCU)について語っていきます…

奇跡の人【モノクロで表現される色鮮やかな演出】

1959から舞台として、アメリカを始め、日本でも公演されているものを1962(日本では翌年)に映画として公開された 「奇跡の人」 について今回は語っていきます。 どうやら少女漫画で何度も漫画家されてるみたいですね。うぉー、うぉー。 まあ、とりあえず差…

アナと雪の女王【これでいいのかディズニー!?】

2013年にアメリカで公開、主題歌のLet IT Go(以下レリゴーでいいよね)が世界中(?)で話題に。翌年の春3月では日本でも公開、ウォルト・ディズニー・ジャパンのものすごいレリゴーゴリ押しで大ヒット、なぜか数ヶ月間上映し続けていたのが今作、 「アナと雪の…

スター・ウォーズ フォースの覚醒【10年ぶりの新シリーズ!でもちょっと微妙だぞ!】

1977に一作目が公開され、それから1983までにEP.4~5(以下、旧三部作)が制作されたスター・ウォーズ。その後1999~2005には旧三部作の前日譚のEP.1~3(以下、新三部作)が公開されました。 SFの金字塔として知られ、莫大な予算や壮大なストーリー・表現が多く…

マッドマックス【伝説の始まり!アクション・カーチェイスの金字塔(多分)!!】

昨年、「ダークナイトライジング」のベイン役で世界中で何言ってんのか分かんねえよと言われたことでお馴染みのトム・ハーディ主演、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」が公開され、なんかパシフィックリム並にに人気になっていますね。 今回はそんな大…

キング・オブ・モンスター!戦後たった9年で公開された怪獣映画の金字塔、「ゴジラ」

1954年、日本=特撮技術というイメージを確立し、60年以上たってもなお"怪獣"としてのカテゴリの頂点に立つあの「ゴジラ」を、今回は紹介していきます。 私が怪獣映画というものにハマったのは、いわゆるミレミアムシリーズと呼ばれるゴジラの世代であり、私…