読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えいがきのえいが【90年代生まれ視点の映画レビュー】

90年代生まれ視点の映画レビュー 当ブログは個人的な意見をバカ正直に綴ったもので、映画の品質を保証するものでもありません。映画を否定しても、その映画に関わった人物を否定しているのではありません。例え人をバカにしても、それはその人を尊重した上での行為です。

【一瞬回っておもしろい!】平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊

毎年やってる東映ヒーロー大集合シリーズ。
その中でも、昭和ライダー(ライダーマン含む)と主役平成ライダーの数が揃ったということで制作された今作。
その名も
平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊
です。あぁ~、長い!今回はこちらの感想をタラタラ話していきましょう。



 今作は平成ライダー数人を主人公にストーリーが展開されていきます。
 その中でもひときわ印象に残るのは、たっくんこと『乾 巧(いぬい たくみ)/仮面ライダー555』です。
 公開当時放送中だったライダーである、『葛葉 紘汰(かずらば こうた)/仮面ライダー鎧武』よりも目立ってますよハイ。ついでに美味しいとこをかっさらう世界の破壊者こと『門矢 士(かどや つかさ)/仮面ライダーディケイド』よりもです。
 他にも、『左 翔太郎(ひだり しょうたろう)/仮面ライダーW仮面ライダージョーカー』も出てきますよ。
 さらにさらに、『本郷 猛(ほんごう たけし)/仮面ライダー1号』や『神 敬介(しん けいすけ) / Xライダー』、『村雨 良(むらさめ りょう) / 仮面ライダーZX』という、昭和ライダーも登場しますよ。

 

 今回はストーリーについて話すと面倒なのでやめておきます。

 


 

  今作のアクションは結構良いです。スーパー戦隊の出番を最小限にして、さらに活躍するライダーもある程度絞ってあるので、無理やり感は意外にも薄いです。意外にも、程度ですけどね。

 

 ただ、アリかナシかと訊かれたら・・・・・ナシでした。

 なんというか、複数の映画をはしょりにはしょりまくって1つにしたものを観せられたってカンジでした。

 ストーリーの数が多すぎるんです。こういう傾向は特撮作品にはよくあるもんですが、今作はそれがかなりきついです。しょっぱなから観てる人を猛スピードで置いていきます。

 

 

 思い浮かぶストーリーを挙げていくと、

・紘汰がヒーローらしいことをするストーリー

・士の美味しいとこどりなストーリー

・翔太郎の迷子(人間、猫、カメ)探し

・小林 豊(仮面ライダーバロンの人)さんによるボイメンファン大喜びのギャグ

・親子愛の物語

・巧と敬介出会い

・巧の葛藤

というカンジ。

 

 一つ一つのストーリーは結構いいんです。鎧武関連は別ですが・・・。特に巧と敬介が出会う話は結構楽しいです。世界観がワケがわかんないですがね。

 結構な改変によってTV版の555よりソフトなたっくんになってますが、顔も雰囲気も声も大人になった半田さんが再び演じる巧を観ることができるのならば、嬉しく思う人は多いのではないでしょうか(ちなみに私も555は大好きです)。

 

 でも、やっぱりストーリーが多いです。どれに焦点を当てたいのかが全く分からないっていうね。

 


 

 どうやら今作から「仮面ライダー4号」まで、たっくんの出番が多いようですね。

 ・・・ってことは、もしかして今作は東映仮面ライダー555の後日譚を描きたくて制作されたって事なのでしょうか。未完に終わったあの555、たっくんの戦いを終わらせてあげるってわけですか。

 

 そうすれば納得・・・・・・・・・・・・・・・・というわけにはいきませんね・・・・・・うん。

 

 ファイズの世界』にXライダーが登場しちゃうんです。ビックリですよマジで。オートバジンがさらっと復活してるのはともかく、草加くんがかっこいい死に方する改変もともかく、Xライダーによるたっくんの心情の変化はめっちゃくちゃ違和感ありますよ

 まあ仕方ないんですけどね。だってこの作品が平成ライダーと昭和ライダーの戦いを描いてるんですから。わがまま言っちゃあダメですね。最近流行りのパラレルってやつなんですよ。

 


 

 今作はアンバランスで詰め込みすぎで、とにかくメチャックチャです。

 

 でも、今作はしっかりとアクションはしてますし、ほんのわずかの尺でしたが、平成ライダー対昭和ライダーというのは結構楽しかったです。

 一周回っておもしろいってやつですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもこれMOVIE対戦2010の二番煎じなんだよね。