読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えいがきのえいが【90年代生まれ視点の映画レビュー】

90年代生まれ視点の映画レビュー 当ブログは個人的な意見をバカ正直に綴ったもので、映画の品質を保証するものでもありません。映画を否定しても、その映画に関わった人物を否定しているのではありません。例え人をバカにしても、それはその人を尊重した上での行為です。

【感想】仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー

仮面ライダー 特撮 映画レビュー

f:id:eigaki:20161214200911j:plain


 衝撃的なデザインで良くも悪くもとてつもないインパクトを放ち、現在なかなかのおもしろさを持つ仮面ライダーエグゼイドが、始めて主人公として映画に登場!

 そんな今作、仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダーを、わざわざ公開日の最初の上映で見に行ったので(自慢)、感想を書いていきます。

 ちなみに私はウィザード系はsicと主人公以外はあまり好んでおらず、それ系統はかなり雑になりますのでご注意ください。


 クソ映画から始まった(私は嫌いじゃなかったですよ)ライダー大戦シリーズの最新作。
 エグゼイドとゴーストはもちろん、もう東映のケチな予算では呼べなくなった福士蒼汰から後の主人公ライダー3人が登場。本人のドライブはもう見納めかな?悲しい。

 タイトルの通り、突如パックマンのウイルスが出現。一般人に襲いかかり、街中に謎の感染症が広がる。
 パックマンウイルスはしれっとエグゼイドの世界へワープしたタケル殿達の前に現れ、タケル殿(仮面ライダーゴースト)の変身能力を奪ってしまう。

 タケル殿は能力を失いながらも敵に立ち向かい、永夢(仮面ライダーエグゼイド)は主人公らしくナヨナヨするのであった・・・。


 ギリギリセーフなギャラで雇われた泊さん(仮面ライダードライブ)は立派な警察官へと成長し、晴人(仮面ライダーウィザード)はゴヨ゙ミ゙ィ゙がどうこうで旅に出たついで感覚で登場。紘汰さん(仮面ライダー鎧武)は相変わらずです。
 なお、今作では(たぶん)三人は主人公ではないので、詳しい心境は描かれていません。なんだってレジェンドですからねレジェンド。

 ちなみに私は三人の中では鎧武をメインで見に行った奴でして、予告でお察しの通りの扱いには少し肩を落としました。まぁ神様だからねあいつ。マツボックリの。


 今作、正直めちゃくちゃおもしろかったです。
 ちゃんとライダーらしく悩みを一人で抱え込むし、生身のバトルが多いので、その点最近では珍しいライダーらしさでした。マコト兄ちゃんとアラン様見られてよかった。

 動くと超カッコイイエグゼイド。なぜか大スクリーンになるとそれが10倍くらいになるという不思議。飛び火してゴーストもかっこよく見えました。




 今作の敵キャラはタイトルの通りDr.パックマンなのですが、それは単なるバンダイのゴリ押しなわけで、タケル殿の件以外には大して関係のないものでした、マジで。よかった。

 やはりDr.パックマンは進化的なアレをするわけですが、それがめちゃくちゃカッコイイんです。最近の戦隊みたいなテンションの敵ではなく、ちゃーんと悪役らしい振る舞いをしてくれます。


 ここで不満だった点です。

  • キャラクターの世界観がめちゃくちゃになっている
  • なぜか変身音声が小さい(特にレジェンド三人)
  • タケル殿と泊さんがキレない

 これだけですね。


 ちょうどいいスケールやラストのド派手なバトル、謎のエンディングが等身大のヒーローが活躍する特撮らしさ。
 今作はそれそのものでした。


 もう泊さんは出演しづらくなるでしょうし、紘汰さんもフェードをかけて後退していくでしょうね。
 悲しいですがしょうがない。ゲームで本人が声やってくれたら良いですけどね。




 よく考えてみたら、この映画で始めてブレイブよりエグゼイドの方がカッコイイって思ってました。