読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えいがきのえいが【90年代生まれ視点の映画レビュー】

90年代生まれ視点の映画レビュー 当ブログは個人的な意見をバカ正直に綴ったもので、映画の品質を保証するものでもありません。映画を否定しても、その映画に関わった人物を否定しているのではありません。例え人をバカにしても、それはその人を尊重した上での行為です。

【テレビシリーズの番外編として】劇場版 ウルトラマンオーブ 絆の力、おかりします!


f:id:eigaki:20170315074746j:plain






 ウルトラマンとしては珍しく、人間臭さが全面的に出ており、前作のXとは真逆の作風が特色の『ウルトラマンオーブ』の劇場版です。




 とりあえず、まずはテレビシリーズの方について書いていきます。


 純粋にパワフルなヒーローとしてではなく、人間としての強さや、強い力を使うことによる代償への葛藤、そして敵味方の魅力的なキャラクター性がとても鮮明に描かれています。。

 また、二人のウルトラマンの力を借りるという独特な戦術が話題となり、いやらしいオマージュや映像など、ストーリーだけでなく、単純なウルトラシリーズとしての評価も高い(たぶん)作品となっています。



 ハイ、DXオーブリング持ってます。ハイ。だって過去作のオリジナルの変身音も収録されてますもん・・・・・。




 では劇場版について書いていきましょう。



 今作はタイトルの通り、ウルトラマンオーブが絆の力をお借りして強敵達に立ち向かうお話です。

 なお、『絆』と言っても、テレビシリーズお馴染みの人とウルトラマンとの『絆』ではなく、ウルトラマン同士の『絆』です。よって、今作は番外編としてとして観ることがオススメでした。


 ウルトラマンオーブのメインキャストは全員登場。ジャグラーさんのファン必見ですデュフフフフフ。

 また、今作はコメディ色がテレビシリーズよりも強く、キャラクターが生き生きしています。子供より大人が笑ってましたが・・・。

 改心した(?)ジャグラーさんはまともな人間になってつまらなくなった・・・と思いきや、味方側に立ったせいで、余計にミステリアスで気色悪くて気持ち悪くて寒気のするキャラクターになっていました(褒めてる)。


 本編同様、SSPの皆さんや渋川のおっちゃんの妨害活躍も必見。

 考えてみれば、こういうハイテンションなキャラクターしかいないのも、現代のウルトラマンの傾向としては凄く良いですよね。




 今作、上映館こそ60館ちょっとという少なさですが、特撮として、アクションとして、かなりのクオリティの作品です。



 劇場版恒例の生身のアクションはもちろん、冒頭の砂浜という誤魔化しの効きづらい環境下でのアクションは燃えました。

 なぜギャラクトロンと戦うのかは一切謎ですが・・・まぁそこは子供向けの番組なので。



 前作(劇場版ウルトラマンX)と同様、他のウルトラマンも参戦します。

 ギンガ・ビクトリー・Xを中心(ギンガ、ビクトリーは声のみの出演)に、最近やっと慣れてきたゼロも参戦。


 そして何より、ウルトラセブンの登場でしょう。

 まぁただのゲスト出演なんですが、彼の登場がホント印象的でした。

 ギャグとクールさを両立させた、なかなか凝った登場をしてくれました。

 ただ、個人的にはちょっと期待していた戦い方とは違いました。そもそも登場すること自体忘れてました

 ともかく、セブンの登場で、(最近よくいる、自分知識ありますよアピールしたくて、場を選ばず大声出したがるにわかなクセに出しゃばるオタクが、一番邪魔な所にいた事でもの凄くシラケていた)場内は熱狂の渦に(なったものの、そのオタクはやっぱり大声を出すので、すぐにまたシラケました)。




 今作で登場するオーブの新形態『オーブトリニティ』も大活躍。

 ただ、結構印象が薄いです。

 オーブオリジンの要素を含め、3体のウルトラマンの要素を混ぜながら、シンプルな外見を維持していたこれまでの各形態。ただ、この『オーブトリニティ』は、4体のウルトラマンの要素プラス専用武器で、かなりゴチャゴチャした印象になっています。

 そこにはオーブらしさが正直言って無いです。

 決して悪いデザインではないのですが、これまでとの方向性の違いに、違和感を受けました。




 総合的に言うと、ちゃんとおもしろくできています。


 ただ、作品の内容自体はテレビシリーズとはあまり関わりの無い(世界観は同じですが、番外編敵要素が強い)です。

 要は、番外編に興味ない、もしくはテレビシリーズに満足している方は、今作を見る必要性はあまり無い、ということです。


 ただ純粋に、オーブを大画面で観たい、ウルトラマンの活躍を観たい、セブンのマッシブかつスタイリッシュで威圧的な(略)を堪能したい方向けです。



 それはともかく、気になるのは次回作ですよね。ガイアを、とにかくガイアを出してくだされ。




ウルトラマンオーブ DXオーブリング

ウルトラマンオーブ DXオーブリング

ウルトラマンオーブ DXオーブカリバー

ウルトラマンオーブ DXオーブカリバー

ウルトラマンオーブ DXオーブスラッシャー

ウルトラマンオーブ DXオーブスラッシャー

最新ウルトラマン主題歌ベスト ~ウルトラマンオーブ~

最新ウルトラマン主題歌ベスト ~ウルトラマンオーブ~

ウルトラマンオーブ ウルトラ怪獣DX デアボリック

ウルトラマンオーブ ウルトラ怪獣DX デアボリック

ウルトラマンオーブ ウルトラ怪獣DX ギャラクトロン

ウルトラマンオーブ ウルトラ怪獣DX ギャラクトロン

ウルトラマンオーブ ウルトラ怪獣DX マガタノオロチ

ウルトラマンオーブ ウルトラ怪獣DX マガタノオロチ

ウルトラマンオーブ ウルトラ怪獣DX サデス

ウルトラマンオーブ ウルトラ怪獣DX サデス

あのね、出しゃばること自体はバカだなーって思われるだけだからいいけど、君より知識ある人は山ほどいるからね。大声出してるけど、あれは発声可能の上映でもないし、そういうことすればするほど、場はシラケるわ後々恥ずかしくなるわだよ。それとXは一個前の作品だから懐かしいの部類ではないよね。子供がたくさんいる場で大声出しちゃって、今の君もの凄く輝いてるよ、うん。